皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
中華そば/高井田ラーメン 住吉
高井田ラーメン 住吉の中華そば

食べた日: 2009年04月10日 朝食
お腹具合: 普通

いよいよ、関西から戻る日です。飛行機が昼の便しか確保できなかったため、朝から移動開始です。でも、気になるお店が一軒。そして、なんと、朝の8:30から営業となれば、立ち寄らないわけにはいかないでしょう。

高井田ラーメンの老舗、住吉です。10時ちょっと前に到着で、前客1後客3と、平日のこの時間でも、結構はいっています。

常連さんと楽しそうにおしゃべりしながら仕事をされるオバチャン:-)が切り盛りします。雑誌に紹介されていた、女性主人はこの日はいらっしゃいませんでしたので、複数人で交代されているようです。オバチャン、話の隙間で、こちらを振り返り「お兄ちゃんは中華でよろしい?(関西弁を想像して読んでください:-))」と声がかかります。「はい」と答えて、前客さんの麺さばきが終わったとたんに、ワタクシの麺投入です。どうやら、やたらと茹で時間がかかる麺のようです。

後客さんは車で乗り付けて、店前に路駐です。瞬く間に監視員がやってきて、そして、どこからとも無く知らないオバチャンが店内に「クルマキテマスヨ」と声をかけて通り過ぎます。お店のオバチャンは「店で食べててるって声かければ大丈夫やからな」と言い、お客は、そのように監視員に言うと、監視員は確かに、駐車違反検挙をスルーしました。すげー、ナニワのローカルルールを見た気がします(笑)。

まだ麺は茹で上がりません。その間に厨房を観察です。屋台を機能そのまま固定店舗にしたような設えです。麺湯での釜とスープの釜にその雰囲気が漂います。実に効率よく出来ている感じです。丼に注がれる醤油ダレは、タレというよりも、ほとんと生醤油?と思えるほど濃い色です。あ、スープが注がれます。おお、あっさりした色です。微妙に濁っていますが、分類するなら清湯ですね。

麺がやっと茹で上がります。ヒラザルで湯きりして丼に入れます。薄切りの肉を数枚とメンマ、そして、ネギを軽く一掴みいれて出来上がり。「お待たせしましたー」とラーメン登場です。

第一印象は、「関東の立ち食いそばのようなスープ」です。23年前、初めて東京に行った時に、立ち食いそばのダシの色をみて、あまりの黒さにビックリ仰天しました。もちろん、味も、「ほとんど醤油」みたいな印象で、ダブルびっくり。そのダシを思い出すスープです。お味はどうでしょう?

ぬほー、あの立ち食いそばです(笑)。いや、鶏がらでサッパリと動物を出して、昆布でうまみを追加したような冷静に食べると全く別ものですが、きりりと香る醤油が、立ち食いそばを思い出させてくれます。我々のホームグランドのラーメンで例えるなら、くどうラーメンのスープにもうちょっと生醤油をいれたような感じでしょうか。

そして、麺。箸で持ち上げてビックリです。

なんじゃこれはー!(笑)。

色は中華麺ですが、太さはちょっと細めのうどんです。四角い断面でなく丸い断面ってのも、なんとなくうどんです。食べてみましょう。

おおおお、これは、すごいコシ。

讃岐うどんを思い出すような麺のコシです。初めての味で頭の中が一瞬混乱しますが、二口三口と食べ進めると、もう、箸がとまりません。

美味しい!

これは、すごいです。ある意味衝撃の味です。ビックリ仰天です。

あっと言う間に食べ終わりです。再訪確実です。次回は、ワンタンメンにチャレンジしたいです。

いやー、まだまだ世の中には知らないラーメンが一杯です。楽しいなあ。


中華そば 500円
所在地: 大阪市 東成区

author:さいと, category:その他地域のラーメン, 10:13
comments(2)
つけ麺/紀州 和歌山らーめん きぶんや
紀州 和歌山らーめん きぶんやのつけ麺

食べた日: 2009年04月08日 昼食
お腹具合: せっかくなのでもう少し

ふつう味「源味」をさらりと頂いて、お次に、つけ麺を味見してみることにします。

まずは、麺を1本そのままいただいてみます。こちらは、中華麺とは全然ちがう、しっかりと歯ざわり、喉越しが楽しめる太麺です。この麺、うまいかも。好きなタイプ。

でもって、つけダレをちょいと味見。ゴマが利いた酸っぱい醤油系のタレです。これからの暑い(そう、このアタリは、夏、半端じゃなく暑い、、)季節にぴったりの爽やかつけダレ。

具は、もやしの代わりがなるとになる以外は、中華麺とほぼ同じ構成です。

うん、このつけ麺好きかもです。

ずるずるっとやっつけて、スープ割り。

この割りスープは(おそらく)中華麺のあっさり味用の魚ダシと思われます。ちょいとそのまま飲んでみましたが、なかなかに良い感じのスープでした。これはこれで、チャンスがあれば、食べてみたいかな、、。

うん、なかなかイケました。ここは、もしかすると、再訪するかも、です。


つけ麺830円
所在地: 奈良市

author:さいと, category:その他地域のラーメン, 12:20
comments(0)
中華麺 源味/紀州 和歌山らーめん きぶんや
紀州 和歌山らーめん きぶんやの中華麺 源味

食べた日: 2009年04月08日 昼食
お腹具合: 普通

関西滞在二日目は、いきなりオフです:-)。ランチタイムは、滞在先の近くのお店におじゃましました。

和歌山ラーメンを提供している、きぶんやです。

札幌では和歌山ラーメンを食べることが(多分)できないので、久しぶりです。

時間は正午。店内は、ほぼ、満席です。カウンターに腰掛けて、メニューを吟味します。どうやら、スープが3種類あって、ふつう味、こってり味、あっさり味(それぞれに名称あり)からのチョイスのようです。初めてなので、一番上のふつう味「源味」にしてみます。ちなみに、こってり味が「熟成」、あっさり味が「淡成」とネーミングされています。

カウンター越しに厨房の仕事を眺めます。かなりしっかりと焚きだされた色のスープが丼にはられます。ご主人(かな?)は、麺の湯茹で加減を、指でつまんでこまめにチェックしています。おおお、つけ麺は麺が違うようです。そうかー。

てなことで、ラーメンが出来上がります。濃厚そうなスープです。細もやしがなんとなく和歌山っぽいです。

さて、スープ。

おお、良い味です。こってりとした豚を感じますが、鶏がらも入っていそうです。醤油もいい具合です。いわゆる、白濁系の和歌山ラーメンですね。

そして、麺。最近の札幌ラーメンと比べると(いや、比べる必要はないんですが)、かなり柔らかい細ストレートです。ただ、伸びているとか茹で過ぎという感じではなく、これはこういう麺なのでしょう。

かなり良いマッチングで、好きな味です。チャーシューとメンマはあまり主張しないタイプです。うまいです。

さらりさらりと、あっという間になくなります。はやり、こちらは、麺量がやや少なめという感じかな。うまかったです。

さてさて。


中華麺 源味 650円
所在地: 奈良市

author:さいと, category:その他地域のラーメン, 12:13
comments(0)
中華そば/カドヤ食堂
カドヤ食堂の中華そば

食べた日: 2009年04月07日 昼食
お腹具合: 普通

東成きんせいで醤油らーめんを頂いて、さらに地下鉄で移動します。

今日の、一番のお楽しみのカドヤ食堂に到着です。住宅街のカドにひそっとたたずむお店ですが、14時前にもかかわらず、お店の外に5人がならんでいます。

ならんでいると、ご近所のおっちゃん:-)が、自転車で通りがてら「おー、ここの中華そば、うまいよなあ」と、列の6人ダレにという訳でもなく声をかけて通過します。さすが、大阪。そして、中華そばか、、、。

お客の回転はそこそこのようで、10分またずに入店できました。テーブル席の端っこを勧められ、着席。最初はつけそばを食べるつもりでやってきたのですが、メニューの構成と、さっきのおっちゃんの一言があって、中華そばを頂くコトにしました。汁系となれば、限定煮干し醤油も気になるところなのですが、、、、。

厨房では、雑誌で拝見したことあるご主人が、黙々と仕事をされています。あ、誰かのつけそばが出来ました。げげ、すごい麺の量。大盛りなのかもしれませんが、あれは、3食目にはきびしい、、、。中華そばにして良かった、ような気がします。

で、中華そば登場です。

うわー、良い香りです。さんま節でしょうか。ここのところ、煮干し系ばかりを食べていたような気がして、節系の魚で、うまそう!という第一印象のスープは久しぶりです。

ちょいと、一口。

うん、これはいい!。雑味もほとんどない、丁寧にとられたスープです。味わいもしっかりだし、なにより、節の量がジャストという感じです。さすが、ダシ文化関西の魚ダシという感じです。

そして、麺。

自家製麺は、中からやや細めという感じのストレートで、いかにも、関西の中華そばとう印象です。学生時代を関西で過ごしたワタクシです。懐かしいなあ、、、。

しゃっきり歯ざわりで、味の入りも好きな穂先メンマに、あっさり味のチャーシュー、のり、とシンプルな構成ですが、十分なうまさでどんどん食べさせます。

なんてうまいんだろう、、、。

ウワサには聞いていましたが、ここまでの実力とは、恐れ入りましたであります。

次回は、つけそばか、煮干し醤油か、はたまた、塩か、、、大いに迷うところですが、再訪確定の一軒です。


中華そば 700円
所在地: 大阪市 鶴見区

author:さいと, category:その他地域のラーメン, 14:15
comments(0)
醤油らーめん/東成 きんせい
東成 きんせいの醤油らーめん

食べた日: 2009年04月07日 昼食
お腹具合: 普通

しゅはりで潮らあめんを頂いて、東に移動します。3月20日に開通した、阪神電車で大阪難波(なんて駅名にいつのまにか、、、)まで移動します。

地下鉄に乗り換えて、玉造へ。ちょいとあるいて、きんせいに到着です。

こちらは、今回、一番気になっていたお店です。というのは、札幌でも、ちらほら提供するお店が出てきた、鶏白湯のラーメンという事前情報調査で、決めたお店であります。

鶏白湯というと、京都のラーメンを思い出しますが、さて、大阪での解釈は?というところです。

ちょうど、お客の隙間に挟まったようで、店内は前客0です。が、座って、醤油らーめんを注文すると、続々とお客さんで、結局、お店の半分ほどがうまります。

皆さんが、何を注文されるのかダンボしていたのですが、カレーラーメン、魚介醤油、醤油と、思い思いです。ただ、皆さん一致しているのは、ランチタイム限定のごはんセット(+50円)をつけられているところでしょうか。さすが、大阪、こういうオトクサービスは見逃さないようです:-)。

さて、ラーメンです。

おおお、見るからに濃厚そうです。ウズラの味玉が面白いです。さて、お味は?

まず、スープ。

濃厚です。トロトロです。でも、まったくクドさはありません。実にうまい濃度です。口の周りはかるくべたっとしますが、ベタベタにまではなりません。醤油の加減も最高です。

麺は、中くらいのストレート麺。和歌山のラーメンの麺をひとまわり太くしたようなタイプでしょうか。加水は若干低めかな。この麺、スープに実に好く合います。

そしてそして、カイワレです。ワタクシ、トッピングにカイワレがのっているコトに、色味以外に必要を感じたことはないのですが、この濃厚スープとカイワレは相性良しです。初めて、カイワレは言っていてもアリと思いました。こういうスープならいいのかー、、、って感じです。

うまいです。さすがの味という感じです。

次回、チャンスがあれば、魚介醤油を食べてみたいです。


醤油らーめん 680円
所在地: 大阪市 東成区

author:さいと, category:その他地域のラーメン, 13:20
comments(2)
潮らあめん/麺道 しゅはり
麺道 しゅはりの潮らあめん

食べた日: 2009年04月07日 昼食
お腹具合: 空腹

久しぶりの関西です。少しでも(いろんなものを)節約モードで行きたいので、全日空のマイルが通常よりも少なく飛ぶことができる、神戸空港に到着しました。

この空港、こじんまり設計されているので、非常に良いです。(預けませんでしたが)手荷物と人間がほぼ同時に出てくるというのは、非常に○です。

で、空港を脱出して目指すは灘区役所、でなくて、その隣のしゅはりです。

絶妙の時間計算で、お店前には11時5分前に到着しましたが、ここで痛恨のミス。なんと、開店時刻は11時半でした。がーん。

近くの公園で満開の桜など眺めながら、携帯で、あれこれ返事など書きつつ時間調整。5分前になったので、お店の前に戻ると、同じタイミングでカップル一組様も到着。人気店のようです。

定刻に開店。カウンターの端っこにこしかけて、潮らあめんをお願いします。

厨房が良く見えるカウンターです。丁寧な仕事ぶりが見て取れます。ベースのスープがすでに黄色いようです。麺湯では大鍋でヒラザルあげです。チャーシューは、麺茹での鍋から上がる蒸気で軽く温めています。

ラーメン登場です。わかめの仕込み方や、白髪ネギの上に桜海老を散らすなど、札幌ではあまり見かけないトッピング手法が面白いです。

では、いただきまーす。まず、スープから。

おおお、これはすごい。弘前のマル金でであったような、非常に丁寧に、そして、いろんな材料を贅沢に使っているなあ、というのがわかるスープです。

塩は沖縄の塩ですか。見事に綺麗なスープです。

そして麺。

全粒粉を使った、色味は、もう、ほとんど蕎麦のような麺です。ですが、グルテンたっぷりの透明感と喉越しが楽しい麺で、このスープには良くマッチしています。

なるほど、これは美味しい。地元の人が平日にも関わらず、開店前からならぶのも肯けます。

同じものを札幌に持ってきて、果たして、ウケるかは、ちょっとわかりませんが、幸先の良いスタートとなりました。

うまかったです。


潮らあめん 700円
所在地: 神戸市 灘区

author:さいと, category:その他地域のラーメン, 11:40
comments(0)
黒醤油らーめん/麺屋 いろは(大丸催事)
麺屋 いろは(大丸催事)の黒醤油らーめん

食べた日: 2009年01月07日 朝食
お腹具合: 空腹

本日から大丸札幌店で始まった催事のイートインは、富山の麺屋 いろはです。札幌初登場ってことと、富山ブラックが食べられるということで、気になっていたのですが、本日の仕事に向う途中に、食べてから行こうということなりました。

催事場自体は10時からスタートしますが、イートインコーナーは10:30開店。定刻の9分前に到着しましたが、先に、食券を買って、席で待っていても良いということでしたので、お言葉に甘えます。

店内に貼られた書き物などを眺めていると、定刻まで2分ありますが、ラーメンが運ばれてきました。ありがたいことです。

おおお、黒い!

札幌では村中一門の醤油も黒いですが、良い勝負の黒さです。

富山ブラックといえば、しょっぱくてコショウが最初からどっかーん、みたいなイメージなのですが、さて、このラーメンはどんな感じでしょう。まずスープ。

おおおお!富山ブラック!(笑)。

塩分に関しては、幾分抑え目になっているように思いますが、しょっぱさ加減といい、コショウ加減といい、これはまさしく富山ブラックじゃないでしょうか。慣れていない(あのしょっぱスープに経験のない)ヒトには、衝撃の塩分かもしれません(ちょっと大げさ?)。

麺を持ち上げると、醤油で染まっています。黒いです。ちょっとやわめにゆでられていますが、食感も札幌麺とは違っていて面白い。うん、これは良いです。

トッピングのチャーシューも秀逸です。うまい。メンマも濃い味です。おもわず、白ごはんが欲しくなる構成は、まさに富山ブラックです。

どんどん食べます。うまいなー。

同行者の白エビ塩らーめんもかなり絶妙なバランスで、これまたうまい。

840円という値段はちょっと高いですが、富山の味を食べられると思えば、及第点でしょう。これはいいです。期間中、もう一回は行きたいところです。


黒醤油らーめん 840円
所在地: 札幌市 中央区(大丸催事)

author:さいと, category:その他地域のラーメン, 10:28
comments(0)
徳島ラーメン/徳島ラーメン いわた・東急催事
徳島ラーメンいわたの徳島ラーメン

食べた日: 2008年10月26日 朝食
お腹具合: まだいけますよー

横手焼きそばを頂いて、お次は、徳島ラーメンです。2回目。

前回食べたときよりも、肉が多くなっているようです。

甘じょっぱいスープは、やっぱりすき焼きのようです。麺もいい感じ。薄切りの竹の子も相変わらず楽しい食感です。

やっぱり、このスープにはごはんだよなあ、と思いつつ、さらさらっと頂きました。


徳島ラーメン 701円
所在地: 札幌市 中央区

author:さいと, category:その他地域のラーメン, 10:20
comments(2)
徳島ラーメン/徳島ラーメン いわた・東急催事
徳島ラーメン いわたの徳島ラーメン

食べた日: 2008年10月23日 朝食
お腹具合: まだいけますよ

一味の久留米ラーメンをさらっと頂いてお次は徳島ラーメンです。

いわた。すいません、このお店も、知らないお店でした。でもって、不確かな記憶によると、徳島のラーメンが札幌で紹介されるのはもしかすると初めてではないでしょうか??

食券を渡してラーメンを待ちますが、やっぱり開始直後だからか、オペレーションがちょっとぐだっとしてます。そのさばきかただと、行列できたら、混乱すると思いますよー、、、。

で、「生卵入れてもいいですか?」と声がかかります。なるほど、苦手な人もいるから、確認してから入れるシステムのようです。もちろん、お願いします。

割り箸とレンゲは辞退して、近くの席で、また一人寂しく食べ始めます。隣のテーブルでは、TVの収録のようです。ラーメンを前に、いろいろとしゃべっています。早く食べないと、伸びますよー、と余計な心配をしますが、きっと、彼女は一口食べてなげちゃうんだろうな、、、、。もったいない。

そんなことより、自分の分です。スープを頂きます。

おお、徳島です。なんというか、すき焼きちっくな甘めのスープ。薄切り肉がはいって、まさに徳島ラーメンの特徴を出していますが、この肉の量は、ちょっと寂しくないですかねぇ、、、。

麺はスープと良い具合にマッチしています。さらさらと入って行きますねー。

肉以外のトッピング。しゃっきりもやしはまずまずですが、多分、現地では細もやしな気もします。まあ、これは札幌では調達が難しいから仕方ないでしょうか。でもって、特徴的なのは、竹の子。メンマではなく、竹の子がトッピングされています。帰宅してから、調べてみると、これは、いわたの特徴のようです。これは気に入りました。

途中で生卵をといて、食べ進めます。

麺がなくなりました。残った甘辛いタマゴの溶けたスープ。ご飯をいれて食べると完璧なんですが、今回の催事では、ご飯の提供はないようです。。。

久留米ラーメンに替玉の提供もなかったし、まあ、食べあるいてもらうのが目的のように思える催事なので、仕方ないようにも思いますが、ちょっと残念な気もします。

ここも美味しかった。もう一回たべたいかなー。

さて、次のお店に移動しましょう。


徳島ラーメン 701円
所在地: 札幌市 中央区

author:さいと, category:その他地域のラーメン, 10:24
comments(3)
五目湯麺 ~ 551蓬莱・関空店
551蓬莱 関空店の五目湯麺

食べた日: 2008年09月20日 昼食
お腹具合: 空腹

久しぶりの関西空港です。この日は目的地が大阪というわけではなく、乗り継ぎでの到着です。本当は(飛行機の機材が良いので)成田経由にしたかったのですが、席が確保できませんでした、、、。

でも、関空で乗り継ぎってことは、美味しいものが食べたれます。

551蓬莱。空港ビル側に移転していきやすくなった反面、混雑している印象です。

運よく、ちょうど食事を終えた組があって、テーブルを片付けてすぐに着席できました。

豚まんを食べておしまいのつもりでしたが、つい、五目湯麺も、、、、。

中華の手法です。清湯に野菜と海鮮。細めの麺がさらりと入ってきます。あっさり塩味で美味しい。

札幌のラーメンを食べつけると、どうしても量が少なく感じますが、これからの食べ歩きに供え、もう一杯食べたい衝動を抑え、この位にしておきます。

次に食べられるのはいつかなあ。。


五目湯麺 780円
所在地: 大阪府(関西空港)

author:さいと, category:その他地域のラーメン, 11:22
comments(0)