皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
ラーメン/家系総本山 吉村家
家系総本山 吉村家のラーメン

食べた日: 2010年10月28日 昼食
お腹具合: 腹ペコ

約1年ぶりの横浜です。新横浜に用事があり、久しぶりにやってきました。

14年前まで住んでいた新横浜は、もはや、ワタクシの知らない街になっていて、その変わりようにびっくりです。考えれば、サッカースタジアムもまだなかったものなあ、、、。

で、用事を済ませて、お腹がすきました。ラ博も一瞬あたまをよぎったのですが、やっぱり、ココだろう、と横浜駅に移動します。

吉村家です。周りは、少しずつ変化していますが、こちらは、変わらぬ風情で営業中です。

作法をすっかり忘れていて、ちょっとオロオロしていたら、「お先に食券お願いしますねー♪」と非常に丁寧な接客。ちょっと待って、着席しても、この気持ちよい接客は同じで、これだけ成功しても、きちんとしているなあと関心しきりです。

いただいたのは、ラーメン。麺だけカタメでお願いして、あとは、全部普通です。昔は、アブラも多めにしていたように思いますが、トシ相応にアブラは控えめに。

寸胴でガンガン沸かされるとんこつスープを長めなら待つことしばしでラーメン登場です。

 おお。

海苔の盛り付けが少々乱暴ですが、相変わらずの風貌です。

 いただきまーす。

 あー、懐かしい!

札幌の「超濃厚系」スープを食べてしまっている今、どちらかというと、あっさり系にも感じる白濁スープに、つるりとした太いストレート麺が美味しいです。アブラも、鶏油で、いい感じの香り。そして、チャーシューの美味しいこと!!このタイプのチャーシューは、札幌にはないなーなんて思いつつ、かみしめます。

途中で、しょうが少々、ニンニク少々を投入して、「あー、これこれ!!!」と一人でご満悦になりつつ、あっという間に完食してしまったのでありました。

あー、美味しかった。札幌から六角家が撤退してしまった今となっては、もう、ひたすら、懐かしく美味しくいただいた一杯でした。

また、チャンスを見つけて食べにこなきゃ、であります。


ラーメン 630円
所在地: 横浜市
author:さいと, category:首都圏のラーメン, 14:12
comments(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:12
-
Comment