皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
塩つけ麺/せたが屋
せたが屋の塩つけ麺

食べた日: 2010年07月04日 昼食
お腹具合: 空腹

3週間の長きにわたり開催された、さっぽろ大つけ麺博。一部の心無い(意地悪な?)方は、「こんなの失敗でしょう」なんておっしゃっているようですが、商圏人口が、首都圏の1/10なのに、集客は六本木で開催時の1/4(主催者発表)だったのですから、大成功だったと言えるのではないでしょうか。

何より、「つけ麺って何?」とおっしゃって行列にならんでいたお客様が、「こういう食べ物なのね」と知るきっかけになってくれたのは、我々食べ手側としてはうれしいことです。つけ麺ファンが増えれば、札幌のつけ麺文化も発展するでしょうし。

まあ、そんなこんなで、最終日にもちょこっと顔をだしました。

まずは、せたが屋。

正午直前という時間なのに、どのお店も行列が10人以下です。ラッキーなのか、由々しき事態なのか微妙ですが、ならんで5分ほど待ってつけ麺をいただきます。

陰のある席は全部うまっていたので、直射日光全開の席でいただきまーす。

 お。

面白い。

もっちり感のある平うち縮れ麺がタレに上手にマッチします。ゆでる前の一握りがポイントでしょうか。

じゅるじゅるーーー(笑)。そんな食べ応え。ただ、ちょっと麺量が少ない、、、。

濃い目の味付けのメンマが、これまた美味しい。

スープ割りすると、中央区の名店、BKの塩ラーメンの味を思い出しました。美味しくいただいて、さて、次です。


塩つけ麺 800円
所在地: 札幌市 中央区(さっぽろ大つけ麺博)
author:さいと, category:首都圏のラーメン, 11:56
comments(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:56
-
Comment