皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
首里そば 〜 首里そば
首里そばの首里そば・中

食べた日: 2008年05月07日 昼食
お腹具合: 空腹

なかむら屋さんで朝食を頂いて、一旦ホテルに戻りチェックアウト。その後、珍しく首里城観光に出かけます。前回首里城を訪れたのは、まだゆいレールはもちろん開通しておらず、建造物も再建されていない時でしたから、おそらく15年ぶりとかでしょうか。首里自体には何度もいっているのですが、これだけ観光しない人も珍しいかもしれません。

首里城自体は、思いのほかきれいに再建され、また、展示物もわりとしっかりしていて、一回は来てもいいな、と思いました。琉球菓子とお茶のセット(有料:300円)も美味しかったし。

で、一通り観光して、首里そばを目指します。3年前に「食べたい」と思ってから4回目の訪問です。これまでは、定休日と臨時休業2回というなんとも縁のないお店状態になっていて、やっと開店している日に訪れることが出来ました。

開店から15分ほど経過した頃に到着したのですが、40席近い店内はすでに満席。そして、待っている人が10人以上という状態でした。どのくらい待つのかなあと思いつつ、事前情報では一日の提供数が40食くらいということもあって、品切れにならないかドキドキしつつ待ちます。

はたして10分ほどまって、無事席に案内されました。デフォルトと思われる、中をお願いします。

三枚肉とモモの煮付けが1枚ずつにかまぼこ。はり生姜がちょっと珍しいです。スープを一口。カツオとブタのバランスが最高です。塩味もやさしい味付けで抜群。

そして麺が面白い。つるつる入っていきません。太さこそ違いますが、最近首都圏ではやっているつけ麺よろしく、わしわし噛んで食べる系の麺です。沖縄そばでこのタイプの麺に出会うのは珍しいなあと思いつつ、わしわし食べます。うーん、美味しい。そして、この麺はつけ麺にしてもうまいだろうなあ、、と沖縄そばを食べながらも思ってしまうのでありました、、。

いやー、やっと食べられました。そして、美味しかった。大満足です。


首里そば 中 500円
所在地: 那覇市
author:さいと, category:沖縄そば, 12:05
comments(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:05
-
Comment