皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
徳島ラーメン(並)/ラーメン 東大
ラーメン 東大の徳島ラーメン(並)

食べた日: 2010年01月09日 朝食
お腹具合: 空腹

なんだか、久しぶりに外でラーメンを頂きます。久しぶりすぎて、自分の箸を持ってくるのを忘れました。

到着したのは大丸の催事です。全国のうまいものが集まっています。551の豚まんやら、なんやらにえらい行列が出いています。開店と同時に到着したら、イートインは10:30開店だそうで、五平餅など食べながら、他のブースを眺めながら、開店を待ちます。

催事会場にきてまでシャッター入店にて、徳島ラーメンの東大です。

何も告げずに、ラーメンを頼むと、肉入りを勧められるようです。ここは、抜かりなく「徳島ラーメンの並」とデフォを注文します。

秋に、ビールの立ち売りをした時にご一緒したスタッフの方たちが、いらっしゃいます。どうやら、彼女たちは、この催事スペースの専属さんのようです。ビールを売ったり、ラーメンを売ったり、大変ですねー。でも、なんか、毎週毎週変化のある職場ってのがうらやましくもあります。

徳島ラーメンといえば、トンコツスープかなあ?と思いつつも、厨房スペースからは、トンコツをガンガン炊いているような香りは漂ってきません。まあ、あのスペースで寸胴じゃんじゃん火にかけるのは問題ありそうですから、どこか別の場所でスープは用意しているのかもしれません。

そんなことを考えていたらラーメンが出てきました。テーブルにある生卵は、お好みで自由に入れてくださいだそうです。3個くらい入れてやろうかと思いましたが、そんなことをしたら、スープが溢れそうです(笑)。ちゃんと1つだけ入れて、さてー、いただきまーーす。

スープを一口。

  うん、これこれ。

すき焼きのあとのうどんを思い出すような甘辛いスープです。ちゃんとトンコツがいい具合に主張します。ごはんにぶっかけて食べたらうまそうです。いやー、なんだか、久しぶり。

麺を行きます。

  おー、そうそう、そうだよー。

中くらいのストレート麺は、(今の札幌の感覚から言うと)かなりやわらかめの茹で加減です。ですが、この甘辛いスープには、このやわらかい麺が妙にマッチするんです。

チャーシュー代わりに煮込まれたバラ肉もいい感じです。

  うまいよー。

途中で生卵を崩して、とろりとした味わいに変化させます。最後の一口は胡椒もパラリと入れてみます。

  ああ、満足。

思わず、全ツユしそうになりますが、この後のことを考えて、ほんの一口残して、イートイン会場を後にします。

いやー、うまかったです。ご馳走様でしたー。


徳島ラーメン(並) 577円
所在地: 札幌市 中央区(大丸催事)
author:さいと, category:その他地域のラーメン, 10:33
comments(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:33
-
Comment