皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
タンタンメン(中辛)/元祖 ニュータンタンメン本舗 新城店
元祖ニュータンタンメン本舗 新城店のタンタンメン(中辛)

食べた日: 2009年12月19日 間食
お腹具合: 普通

せたが屋で予定外の一杯を美味しく頂いて、一旦宿に荷物を預けます。そして、再度、ぶらりと出発。

JR一駅分を散歩がてらあるいて、到着したのは武蔵新城。最初の会社勤めの時のホームグランドの街です。10年ほど毎夜毎夜飲み歩きました(笑)。散々通ったあのお店はマンションに、あのお店は知らない名前のスナックに、あのお店は中華料理屋に、とずいぶんと変わってきていますが、ここのお店だけは健在です。

元祖ニュータンタンメン本舗。

神奈川県を中心に首都圏に結構な店舗数のあるお店なのですが、ここ、フランチャイズ制でなく、独立採算制だったかを採用している関係からか(すいません、このあたりのハナシは詳しくは知らないのですが、、)、お店毎に微妙にメニュー構成や味が違います。アチコチで食べていますが、やっぱり、好きなのは、ココ、新城店。お店の厨房を固めるお二人も健在でした。

カウンターの端っこに座って「中辛」と告げます。

水とおしぼりが供されます。昼間からビールを飲んでいる人が多いのも、ここの特徴かもしれません。。

待つことしばしで、タンタンメン登場です。

いやー、お久しぶりでした。お元気でしたか?(笑)。

ワタクシ、ラーメンを食べるときは、レンゲは使わないヒトなのですが、ココだけは、その構成上、使わざるを得ないのであります。スープをたっぷりすくって、一口。

 ああ、うまい!

やっぱり、美味しいです。麺も行きましょう。

 そう、これこれ!

西野に「タンタン」というココと見た目似ているラーメンを出すお店がありまして、どう考えても無関係とは思えない味わいなのですが、やっぱり、ここで本物(?)を食べると、そうだよ、これだよーと思ってしまうわけであります。

ツルツルシコシコの麺に、パンチの効いたニンニクと韓国唐辛子。ひき肉がうまい具合にうまみを追加してくれます。

停まりません。

無言であっという間の完食。

今年も、年の瀬にこれを食べられて幸せでした。

来年も、また、食べられるかなあ。。。


タンタンメン(中辛) 700円
所在地: 川崎市 中原区
author:さいと, category:首都圏のラーメン, 13:29
comments(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:29
-
Comment