皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
らーめん/せたが屋 京急鶴見駅店
せたが屋 京急鶴見駅店のらーめん

食べた日: 2009年12月19日 昼食
お腹具合: もちろん食べますとも

中華そば 若松で美味しく頂いて、駅に戻ります。戻る途中、ほぼ駅まで到着したところに、一度行ってみたかったラーメン屋さんの屋号を発見しました。

 「せたが屋」。

あれ?こんなところにも合ったの?本物?と、ちゃちゃっと調べてみますが、どうやら、支店のようです。お店の中をガラス越しにのぞくと、前島さんがいる?!えー?マジ?と、そのままお店に入りました。

前島さんに見えたのは、お顔立ちがそっくりの店員さんでした。なんと紛らわしい(笑)。

で、今回、ノーマークというか、まったく意識していなかったので、何を食べればよいのか、迷います。有名なのは、魚朗らーめんだけど、つけ麺も気になるけど、うーん、やっぱデフォ?ってことで、迷うこと30秒ほどで、結局デフォを購入してカウンターに座ります。良く考えたら、正午バッチリなこんな時間で空席があるなんてやっぱりラッキーなんじゃないかなーとかおもいつつ。

スタッフの動きは無駄がありませんね。いい感じです。ラーメンさばきもいい感じです。

で、ささっとラーメン登場です。

  おおおお!

こんな感じの見た目なんですねー。ホント、まったくのノーチェック状態で着たので、驚くことばかりです。

どれどれ?とスープを。

  なんと!

もう一回スープを。

  そうなんだ?

煮干しを感じるスープ。醤油ダレのイメージ。アツアツの油の層。柚子のかけら。そして何より、総合的なバランス。これ、永福町大勝軒を思いっきり思い出す味です。要するに、大好きな味です。

麺も行きます。

  よし!

もう、抜群に好きな味じゃないですか。そうかー、せたが屋ってこういうラーメンだったんですねー。なんか、全然違う先入観があったんですが、これは、正直、大好きです。

てことで、箸が停まらないモードです(笑)。

参りました。ノーマーク、ノーチェックでこれは、参りましたです。

うーん、次回の上京から、京急鶴見の駅になぜだか用事が出来てしまいそうな予感です。

マジでうまかった。。。


らーめん 700円
所在地: 横浜市 鶴見区
author:さいと, category:首都圏のラーメン, 12:09
comments(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:09
-
Comment