皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
牛腩麺/東一排骨總店
東一排骨總店の牛腩麺

食べた日: 2009年09月06日 昼食
お腹具合: もうちょっと食べたい

排骨麺を美味しく頂いて、次です。

ここのお店は、メシものが美味しいらしい。

てことで、

次に食べるのは、牛腩麺(爆)。

牛腩の意味を帰宅してから調べたら、「サーロイン」なんだそうで、文字の雰囲気からきっと、牛肉麺で、肉の部位はスジかな?とヤマカンで頼んだ麺は、あたらずとも遠からず、のおもむきで運ばれてきました。

おお、これは、確かに牛肉麺だ。

いただきまーす。

スープがかなり滋味深い味わいです。中華材料をいろいろと使っているんだろうなあというのは分かるのですが、いかんせん、中華料理は本格的な調理経験がないため、どんな材料を使っているのかは想像がつきません、、、。でも、美味しい。

肉は「角切り」状態のものがごろごろっと入っています。他には、ニンジンやダイコンの煮たものもはいっていて、いわば、「牛煮込みのせ麺」状態です。そして、たっぷりの空芯菜。

麺は、相変わらずの柔らかいタイプ。どうやら、こちらではこの麺が主流のようです(もしくは、いわゆる黄色い中華麺は何か指定して注文する方法があるのかもしれません)。

あまりツルツルっと入ってこない麺を、もさもさーっと頂きます(笑)。

こちらは、麺量もしっかりはいっているタイプで、お腹もいっぱい。満足してお店を出ます。

まもなく正午になろうかという時間。いつの間にか、お店の中は空席がほんの少し、という状態まで混雑していました。


牛腩麺 NT$130
所在地: 台北
author:さいと, category:海外のラーメン, 11:35
comments(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:35
-
Comment