皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
炸醤涼麺/廖家
廖家の炸醤涼麺

食べた日: 2009年09月05日 昼食
お腹具合: 普通

エビワンタンメンを美味しく頂いて、ぶらぶらと散策します。これまでの台湾滞在では、まったく意識していなかったのですが、今回、ぶらりと歩いていて、やたらめったら「涼麺」の看板を見かけます。正直、勉強不足で、涼麺がどんな麺なんだかまったくわかりません。

ということは、食べるしかない、と言うことで、一番お客さんが入っていたお店で、食べてみることにしました。

なにせ、どんなものなのか、どういう注文システムなのかまったくわからないのですが、漢字のメニュー表をみて、「多分、デフォは『かけ』で、トッピングを好みによっていろいろやるシステム」じゃないかという結論に達しました。

で、日本語も英語もまったく通じないおじーに、指差しと身振りで「デフォ」と頼んでみました。

さあ、どんなものが出てくるのかドキドキです(笑)。

と、出てきたのは、なななんと、盛岡のじゃじゃ麺状態(ただし、肉味噌部分は肉がない味噌:笑)です。

これは見た感じは不味いわけはなさそうです。

わさーーーっと混ぜて、さあ、食べましょう。

おおおお!うまーーーー!!

単に、麺に中国味噌をベースにしたタレを絡ませて、キュウリの千切りを乗っけただけの麺ですが、これは実に美味しいです。なんていうか、冷やしじゃじゃ麺状態。

麺は可もなく不可もなくなんですが、もう、タレが絶品というか。

こういう出会いがあるから、やっぱり食べ歩きはやめられません。はい。


炸醤涼麺 NT$50
所在地: 台北
author:さいと, category:海外のラーメン, 12:31
comments(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:31
-
Comment