皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
紅牛湯麺/鼎泰豊 明洞店
鼎泰豊 明洞店の紅牛湯麺

食べた日: 2008年11月30日 間食
お腹具合: 小腹が空いている

お昼ごはんに水冷麺を頂いた後、明洞地区まで戻ってきて、買物タイムです。

新しくオープンした、新世界百貨店の地下食品売り場(ノイハウスのチョコレートが円高のおかげで安い!)やら、カメラのレンズ屋さんやら、キャンプ道具屋さんやらをまわり、何も買う気はない南大門市場も一応通過して、時刻はお三時(笑)。

小腹が空いたかな、とか思いつつ、荷物もあるので、一旦ホテルで休憩しますかーと戻る道すがら、鼎泰豊の前を通ります。

オープン当初に一度覗いたことがあるのですが、物凄い行列でとても入る気になれなかったこちら、混雑が一段落したのか、またずに席に座れそうです。お店の前に置いてあるメニューを見ると、やっぱり円高のおかげで割安です。ふらふらを入店します:-)。

まずは、ビールを頼んでメニューを検討。やっぱり小龍包は食べるとして、さて?

と、麺のカテゴリにいわゆる「かけラーメン」的なものを発見。頼んで見る事にしました。

小龍包を食べ終わる頃に麺が登場します。

おおお、なんとシンプルな(笑)。究極のかけラーメンに見えます。

とりあえず、スープをいただいてみると、見かけによらず(?)牛をベースに丁寧にとったスープです。八角がちょっと香るところが中華料理です。これは、うまいぞ。

麺はどうでしょう。

あ、ダレずにちゃんとコシも残っています。というか、この食感、好きかも。ちょっと大阪のあたりで食べられている中華そばの麺に似ているイメージです。

こりゃ、いい!

じゃんじゃん食べて、あっという間になくなりました。

もうちょっと食べたい気もしますが、夕飯に影響しそうなので、ここは、ぐっとこらえて会計をします。

いやー、これはアリでした。


紅牛湯麺 7000ウォン
所在地: 韓国 ソウル

author:さいと, category:海外のラーメン, 15:42
comments(2)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:42
-
Comment
おお!ソウルですか!
ああ、旅日記見たいです!いやぁ、いいですなあ韓国!羨ましです!いいなあ!
ああ、プルコギ食べたいなぁ!

カンキチ, 2008/12/04 10:48 PM
旅日記はなんど言われても、もう書けません。サーバが限界です。無理なものは無理なんです。
あ、カンキチさんが毎年100万円くらい旅日記資金にカンパしてくだされば、別ですけど(笑)。

さいと, 2008/12/05 10:07 AM