皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
らーめん/らーめんの千草
らーめんの千草のらーめん

食べた日: 2011年06月12日 昼食
お腹具合: 普通

末廣で中華そばをいただいて、福田パンで、パンを頂いて、一気に移動します。

しばし走って、到着したのは、久慈の街でした。道の駅にクルマを停めて、休憩です。地元の野菜やら、麺やら、気になるものが売られています。そして、お祭り(?)なのか、何やら、屋台が出ているのでちょっと冷やかします。

なんで、こんなことをしているかというと、地味に早くついたのでした(笑。

少し久慈の街を散策して、お目当てのお店の前に、開店10分程前に到着してしまいます。地元の常連さんも1組到着されています。と、「準備できましたから、どうぞ」と早めに開店です。

メニュー先頭の「らーめん」をお願いして、奥のトイレをお借りしようと進みます。なな、なんと、京都の町屋じゃないですが、間口の割りに、ものすごく奥に長いお店です。ラーメン店というよりは、ちょっとした会食ができる和食やお寿司屋さんのようなつくりです。調理場もやたら広いです。途中の部屋では、ホール担当の女性たちが、仕事前のまかないタイムようでしたが、その人数もびっくりな人数(といっても10人以下だとは思いましたが、、、)。

なんか、トイレに行きたくなって、ラッキーなものを拝見したような気分で席に戻ると、もう、ラーメン登場です。

 おお、綺麗ですねー。

ほわーっと鶏が香ります。トッピングは、実は(もう、何度も書いていますが)ちょっと苦手な鶏チャーシューが2種類。とことん、鶏に拘ったラーメンのようです。ともかく、スープを。

 おおおお、これは旨い!

綺麗なスープです。うまみたっぷり。そして麺。

 おおおおおお、この麺とスープすごい!

そう、バランスのすばらしさです。それぞれ単体でも美味しい仕上がりなのですが、合体することによって、1+1が3になるというか、そんな感じです。これは、やられたなーというか、参りました。

苦手な鶏チャーシューも、美味しく食べることが出来ました。もう、すっかり、お店のマジックにはまってしまったようです。

まだ、次があるので、スープは少し残しましたが、これは、すばらしい1杯だと思います。鶏スープ好きな方は、ちょっと行き辛い場所ではありますが、是非、オススメします。

美味しかったー!


らーめん 580円
所在地: 岩手県久慈市
author:さいと, category:東北のラーメン, 11:00
comments(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:00
-
Comment