皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
和風追い煮干らーめん(カタクチイワシ)/京都千丸しゃかりき
京都千丸しゃかりきの和風追い煮干らーめん(カタクチイワシ)

食べた日: 2011年01月27日 夕食
お腹具合: 普通

大王で由緒正しき京都ラーメンを頂いて、京都駅界隈のカフェで小一時間ほど一仕事済ませます。それにしても、京都の駅界隈はすっかり変わってしまった印象です。かろうじて、京都タワーのビルの中が昭和の香りを若干残してくれていますが、なんだか、もう、すっかり知らない街です。いつの間にか過ぎ去った25年の歳月を感じます。

でもって、外はそろそろ暗くなり始めています。そう、いわゆる中休みタイムが終了の17時なのであります。

JRのキップを購入して、二条まで移動します。駅から、野生のカンでテクテク歩きます。前を歩くミニスカートのおねーさんが寒そうです。実際、日の暮れた街は、一気に気温が下がった感じがします。

しばし歩いて、到着したのは、しゃかりきです。札幌のシャカリキは二郎インスパイアでブレイクしましたが、こちらは、新しいアプローチで注目されている(らしい)お店です。

ガラリをドアを開けると、夜営業の口開けだったようで、前0でした。

カウンターに腰掛け、メニューを眺めます。

事前情報で狙っていたメニューはすでに無かったのですが、がっかりすることはありませんでした。限定ラーメンに「和風追い煮干らーめん」があったのです。

ご主人(?)に注文すると、「煮干は何にしますか?」と聞かれます。一瞬「?」となりますが、「今日は、タイが売切れでして、カタクチイワシと、アジと、あと、エソがあります」とのこと。どれも気になったので「一番出るのは何ですか?」とたずねると、「一番出るのは、アジですが、僕自身は、カタクチイワシが好きです」だそで、「じゃあ、カタクチイワシでお願いします」と伝ます。

厨房をぼんやり眺めていると、なるほど、基本のスープに煮干を投入して、わりとじっくり目に味を出す方式のようです。今は、ワタクシひとりなのでよいですが、混雑時に、このメニューを頼むと、結構、他の方に迷惑になりそうなくらい、じっくり抽出してらっしゃいます。

かなりスープをかけてから、ようやく麺が投入されました。と、ここで、カップルが後客でいらっしゃいました。別に、ワタクシがドキドキする必要はないのですが、お待たせせずにすみそうでほっとします(笑。

で、ラーメンが出来上がります。

 おおおおお、これは!

いわゆる「京都ラーメン」ではありません。スープを一口頂きます。

 ぬおー、すげー!

基本のスープが、いわゆる、節系中心の和風だしです。これに、カタクチイワシの煮干からでた上品な香りが漂います。そして、表面には、動物から抽出したと思われる、これまた上品な香味脂が浮かびます。これは、旨い。

麺は、これも、(ワタクシがイメージする)京都の麺からすると、ちょっとびっくり系の、中ストレート。ズズッとすすると、これが、程よい啜りこみで、良い食感なんです。美味しい!。

丁寧に処理されたロースのチャーシューも美味しいし、ざっくりと歯ざわり抜群の太メンマも大好きなタイプです。

うーん、正直、京都で、このタイプのラーメンが食べられるとは思いませんでした。びっくりです。そして、参りました。

チャンスがあれば、また訪問したい一軒です。

美味しかったです。


和風追い煮干らーめん(カタクチイワシ) 800円
所在地: 京都市
author:さいと, category:関西のラーメン, 17:36
comments(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:36
-
Comment