皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
ラーメン/元祖熟成細麺 大王老麺
元祖熟成細麺 大王老麺のラーメン

食べた日: 2011年01月27日 間食
お腹具合: 普通

あかつきで美味しいラーメンを頂いて、腹ごなしもかねて、のんびり出町柳まで歩きます。

途中、京都大学の脇を通り、学生さんが入りそうなラーメン店をいくつも見ながら、さらに進んで、結局、5条まで歩き続けます。もう、京都駅が見えています。正直、歩きすぎです。一乗寺からここまで徒歩で来るとは思いませんでした(馬鹿)。でも、普段から運動不足ですし、靴は、この日のために足になじませた、ナイキのエアーが装着されていますし、何より、太陽が出ていて気持ち良い(と、北海道から出かけると思いましたが、地元の人は寒そうでした)。てなことで、到着したのは、大王老麺です。

熟成細麺という看板が気に入ったのと、ネットでの地元の方の評判が「毎日食べられる系」だったのもあり、わくわくしつつ、店内へ。

15時前という時間にもかかわらず、それなりに人が入っていて、美味しそうに皆さん召し上がっています。

メニューをちらっと拝見して、デフォのラーメンをネギ多めでお願いしました。

さすが、細麺、ほとんど待たずにラーメン登場です。

ネギを多めにしたので、盛り付けの感じが良く分からない状態になっています(爆)が、とにかく、スープを頂きます。

 おおお!なるほど!!

「毎日食べたい系」というのが良く分かります。鶏白湯に背脂という(ますたに以降:かな?)オーソドックスになった、京都の中華そばの風情ですが、とにかく、まったくしつこさやくどさがない、綺麗にさらりとしたスープなのです。背脂が入っているのに、脂っこさを感じさせないのは、さすがです。

看板にもなっている熟成細麺は予想通り、スープと抜群のマッチです。

もう、箸がとまらないってのは、この状態。4件目にして、この状態なので、腹ペコで食べたら、きっと、瞬殺と思われます(笑。

 ザ・京都ラーメン。

食べ終わって、そんなキャッチフレーズが頭に浮かびました。

ほんのりレモンの香りがする水がやたら美味しく、食べ終わったあと、何杯もごくごく飲んでしまいました(笑。

あー、なんで、札幌にこのパターンの鶏白湯がないんだろう、、、、。ホント、残念であります。。


ラーメン 580円
所在地: 京都市
author:さいと, category:関西のラーメン, 15:00
comments(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:00
-
Comment