皆様にごあいさつ


(ブログの記事は、このご挨拶の次のに掲載されます)

 相当遅れて更新中です。それもあって、1本1本の内容は短めですが、なるべく早くリアルタイムになるようにがんばって更新していきますので、また、のぞきに来てくださいませ。
2012年1月18日
続・ラーメン日記
文責 齋藤 泰洋

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-
中華そば 並/中華そば専門 珍遊・一乗寺本店
中華そば専門 珍遊・一乗寺本店の中華そば 並

食べた日: 2011年01月27日 昼食
お腹具合: 普通

新福菜館で美味しい竹入中華そばを頂いて、一乗寺に移動します。

実は、一乗寺界隈にやってくるのは、多分25年ぶりくらいです。正直言って、どんな町並みだったかほとんど記憶がありません。移動方法もまったく分からないので、京阪と叡山電鉄を乗り継いで到着しました。

一乗寺といえば、知る人ぞ知る、京都ラーメンの聖地です。夜しか営業しない天天有はじめ、いろんなラーメン店があちこちに点在する街です。行きたいお店はいくつもあるのですが、まずは、まっすぐこちらのお店に到着しました。

珍遊の本店です。鶏白湯発祥(かどうかは微妙ですが、少なくとも、終戦後まもなく開業したという老舗中の老舗)です。

地図を頼りに迷わず到着したのは、ジャスト正午頃。混んでるかな?と暖簾をくぐると、半分ほどの入りで、とりあえずほっとします。

店内にいらっしゃるのは、全員地元の方、常連さんという感じで、皆さん、ご飯ものをセットで美味しそうに召し上がっています。

ワタクシもチャーハンなど気になったのですが、ちょっと「次」を気にして、基本の中華そばをデフォでお願いしました(京都のラーメンは結構チューニングOKなところが多く、特に、「ネギ増し」はほとんどのお店で受けてくれる印象です→あくまでも印象ですが、、)。

ほとんど待たずにラーメン登場です。

 おおおお!ご無沙汰していました!

白濁したスープに、ほんのり背脂。薄切りチャーシュー、ストレート麺にメンマに京ネギといった風情。海苔が入るのが実は、意外でしたが、とにかく、美味しそうです。まずはスープから。

 おおおおおおおおお!これこれ!!

そうです。鶏白湯といえば、コレなんですよ。。

札幌でも最近「鶏白湯」を謳うラーメン店が増えてきていますが、どこもかしこも「濃厚系」ばかり。そう、豚主体で流行っている、濃厚系をただ、「鶏でやっています」、的なお店ばっかりで、どこもあまり好みではなかったのです。もちろん、中には、ライトな鶏白湯もあるんですが、こんどは、シャバシャバでただ白濁してるだけ、みたいなスープだったりで、すっかり札幌の鶏白湯には幻滅していた昨今、程よい濃度のスープに甘じょっぱい醤油ダレの「京都の中華そば」は、久しぶりに「本物の鶏白湯に出会えた」感で、もう、スープ一口で大満足です。

いい感じの茹で加減の細めストレート麺との相性はもちろんばっちり。薄切りチャーシューも程よい味の入り方。京ネギが良い仕事をしています。

ずるずるどんどん食べ進み、本当に「あっという間」に食べ終わりです。そう、こちらのラーメン、札幌に比べれば、麺量がやや少なめなので、本当に、さらりって感じなのです。

スープを名残惜しく頂きますが、やっぱり「次」が気になって、少し残してお会計します。

元気の良い、ホールのおねーさんが、「おーきに!またお願いしまーす!」と声をかけてくれます。

はい、ぜひとも、また、お邪魔したいです。今度は、暗くなってから、「ばくだん」も一緒に頂きたい、かなー。

大満足です。美味しかったです。


中華そば 並 580円
所在地: 京都市
author:さいと, category:関西のラーメン, 12:07
comments(2)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:07
-
Comment
このお店は知りませんでした。
今度行きたいと思います。

天天有も一乗寺でしたか。
名前は知っていましたが、
一乗寺では高安というお店に行っちゃいます。
昔は普通の
らーめん屋らしい感じのお店でしたが、
今は、オシャレな喫茶店のようになってます。
巨大唐揚げ
是非食べてみて下さい。
がじら, 2011/02/09 2:29 AM
いわゆる、「有名店」とはちょっと違うので、あまり知られていないのかもしれません。

今回、高安も食べる候補店でしたが、行列が半端じゃなかったので(一応、仕事の合間:というには、こちらがメインみたいな時間配分でしたが…)だったので、今回は見送りました。。

一乗寺は宿題がたくさん残っているので、次回の京都遠征でも、間違いなく訪問する地域になると思いますー。
さいと, 2011/02/09 6:46 PM